唇に水ぶくれができたときの対処法!唇の痛み・かゆみを素早く克服!

更新日:

唇に水ぶくれができたときの対処法!唇の痛み・かゆみを素早く克服!

ある日ふと鏡を見たら、唇に水ぶくれができていたことってあると思います。そういえばかゆいような痛いような気もするし、でもまあいいかと放っておく方も多いでしょう。

しかし、それはもしかすると口唇ヘルペスかもしれません。

そこで今回は、唇に水ぶくれができる原因と正しい対処法をご紹介していきます。

 

小さな水ぶくれは口唇ヘルペスが原因かも!

唇に水ぶくれができたときの対処法!唇の痛み・かゆみを素早く克服!

冒頭でもお話しましたが、唇に水ぶくれができたとき、まず一番疑わしいのは口唇ヘルペスです。

口唇ヘルペスは、単純ヘルペスウイルスというウイルス感染によって起こる感染症です。

最初は唇やその周辺に、ピリピリとした軽い痛みを感じる方も多いようです。

そして、その次に小さな水ぶくれの集まりができます。

一ヶ所のこともあれば、複数できることもあります。

かゆみを伴うことが多く、掻いてしまって水ぶくれをつぶしてしまうと、そこからさらに感染が広がってしまうので注意が必要です。

 

紫外線が原因で水ぶくれになることもある!

唇に水ぶくれができたときの対処法!唇の痛み・かゆみを素早く克服!

口唇ヘルペス以外の原因としては、紫外線が考えられます。特に4月から9月くらいまでは、特に紫外線が多い時期ですよね。

唇は皮膚の一部なので、皮膚が紫外線を浴びると日焼けして黒くなったり、ヒリヒリ痛くなるように、唇にも同じようなことが起こります。

それに唇は、皮膚よりもデリケートでダイレクトに紫外線にあたってしまうことが多いとされています。

紫外線に長時間あたっていると、メラニン色素が増殖して黒ずむだけでなく、やけど状態になって水ぶくれができてしまうことがあるのです。

 

口唇ヘルペスによる水ぶくれの予防と対処法は?

唇に水ぶくれができたときの対処法!唇の痛み・かゆみを素早く克服!

まず、口唇ヘルペスが原因の場合の予防法は、規則正しい生活習慣を心がけることです。

実は、単純へルペスウイルスは一度感染すると、一生体内にとどまります。

そして、体の免疫力が低下したときに再び増殖して、水ぶくれとなって現れるのです。

もしできてしまった時には市販でも塗り薬が売られているので、それで対処してもよいでしょう。

また、かゆくても絶対に掻いてはいけません。

水ぶくれをつぶすのももちろんダメです。

 

紫外線による水ぶくれの予防と対処法は?

唇に水ぶくれができたときの対処法!唇の痛み・かゆみを素早く克服!

紫外線が原因の場合は、予防法としては肌に日焼け止めを塗るように、唇にも紫外線対策をすることです。

最近では、紫外線がカットできるリップクリームが、ドラッグストアなどで簡単に手に入りますので、それを塗るとよいでしょう。

外出の際は、つばの広い帽子をかぶることでさらに唇に紫外線があたるのを予防できます。

もし、水ぶくれができてしまったときは、氷水で冷やしたタオルで冷やしましょう。

日焼けはやけどと同じですので、とにかく冷やすのが一番です。

 

肌と同じくらいの唇のケアを大切に!

唇に水ぶくれができたときの対処法!唇の痛み・かゆみを素早く克服!

肌のケアは一生懸命しているのに、唇のケアはなぜかおろそかになっているという方は多いと思います。

でも、肌と同じようにケアすることで、こうしたトラブルを未然に防ぐことができるのです。

保湿を心がけ、紫外線があたらないようにし、さらに暴飲暴食を控えて刺激を与えすぎないようにしましょう。

水ぶくれは見た目にも目立ちますし、生活に支障をきたすこともあるので、予防するのが一番ですね。

 

他にこんな記事も読まれています

-唇のトラブル

Copyright© カサカサ唇を綺麗な唇にするケア方法まとめ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.