たらこ唇の治し方を知りたい!たらこ唇ってコンプレックスなの?

更新日:

たらこ唇の治し方を知りたい!たらこ唇ってコンプレックスなの?

自分の唇が「たらこ唇」だって思ったことはないでしょうか?あるいは、人に指摘されたことがあるという方もいるかもしれませんね。

自分では短所だと思っていても、一般には唇の厚い方は情に厚いとも言われ、「優しい人」のイメージがもたれることもあると思います。

しかし、当の本人にとってはこの唇をどうにかして治したいと思っている方もいるはず。

そこで今回は、たらこ唇をコンプレックスなのか「たらこ唇の治し方」についてご紹介したいと思います。

 

たらこ唇って親の遺伝が原因なの?

たらこ唇の治し方を知りたい!たらこ唇ってコンプレックスなの?

そもそもなぜたらこ唇になってしまうのかというと、その原因は先天的なものと後天的なものに分かれます。

まず、先天的なものは、言うまでもなく親からの遺伝です。

私たちは両親のDNAを半分ずつ受け継いでいるわけですから、当然顔の一部である唇も両親のどちらかに似ることがあります。

ですから、もし両親のどちらかがたらこ唇だと、それがそのまま似てしまうことがあるというわけです。

 

歯並び、鼻炎がたらこ唇の原因かも…

たらこ唇の治し方を知りたい!たらこ唇ってコンプレックスなの?

では、後天的な原因とは何なのでしょうか?それは、大きく分けて2つの原因があります。

まず1つ目が、歯並びの問題です。

特に出っ歯である場合、無意識のうちにいつも口が開いていたり、または唇を閉じるのに支障があると、唇にゆるみが出てたらこ唇になってしまうことがあります。

2つ目の原因は、鼻炎などの鼻の問題です。

鼻炎などでいつも鼻づまりがあるという方は、口呼吸が習慣になっていることが考えられます。

口呼吸をしていると、口は開きっ放しになるので当然口元はゆるみます。

その影響で筋肉が弱り、結果としてたらこ唇になる可能性があるのです。

 

毎日のトレーニングでたらこ唇を治す方法

たらこ唇の治し方を知りたい!たらこ唇ってコンプレックスなの?

では、いったいどうすればたらこ唇を治すことができるのでしょうか?

その治し方でもっとも大切なことは、毎日トレーニングする習慣をつけるということです。

基本的な治し方は、表情筋をトレーニングすることです。

たらこ唇の方は、基本的に口元の筋力が弱っているので、それを鍛えればある程度の改善が見込まれます。

その方法は、まず上唇と下唇を軽くアヒル口のようにします。

それから両方の頬を手で押し上げて、同時に口角が上がるようにして笑顔をつくります。

これを1回に5分程度、朝や寝る前など1日に2回程度習慣づけてみるとよいでしょう。

この治し方を実践することで、普段も表情を意識するようになります。

 

たらこ唇が気になる場合は病院に相談しよう

たらこ唇の治し方を知りたい!たらこ唇ってコンプレックスなの?

筋を鍛えることでの治し方は、生まれつきの遺伝による場合に有効です。

しかし、歯並びや鼻炎が問題の場合は、それを治さないとなかなかたらこ唇を治すのは難しいです。

出っ歯などの歯並びの場合、口腔外科や美容外科での手術がもっとも確実に治すことができる方法といえるでしょう。

鼻炎の場合は、耳鼻科でレーザー治療を受けて鼻の粘膜を灼くことで鼻づまりが緩和され、自然と口呼吸がなくなることもあります。

いづれにしても、病院にかからなければ治すことが難しいので、治療費のことも問題になってくるでしょう。

でも、これらは治し方の一例ですので、一度病院へ行って医師に相談してみることをおすすめします。

 

もしかしてたらこ唇ってチャームポイントかも!

たらこ唇の治し方を知りたい!たらこ唇ってコンプレックスなの?

冒頭でもお話しましたが、たらこ唇を短所と思っている方が多いように思います。

でも、口呼吸や鼻炎が原因でないなら、生活に支障をきたすことはあまりないので、それほど気にする必要はありません。

さまざまな治し方はありますが、時にはたらこ唇も長所だと思ってみてはいかがでしょうか?

そんな風に考え方を変えるだけで、嫌いだったたらこ唇も大好きになれるものですよ。

他にこんな記事も読まれています

-唇のトラブル

Copyright© カサカサ唇を綺麗な唇にするケア方法まとめ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.