唇に"できもの"が出来たときの原因とは?唇トラブルの正しい対処法

更新日:

唇に"できもの"が出来たときの原因とは?唇トラブルの正しい対処法

食べたり飲んだり言葉を話したり、目や鼻と同じように口はとても重要な顔の一部ですよね。

でも、こうして常にフル稼働している口だからこそ、さまざまなトラブルもつきものといってよいでしょう。

口の中でも、特に唇は常に空気にさらされていて、トラブルにもなりやすいです。

ではもし唇に何かできものができてしまった場合、いったいどのような原因が考えられるのでしょうか?

そこで今回は、唇に"できもの"が出来たりするトラブルの原因と対処法についてご紹介することにしましょう。

 

唇に白いできものができたときに考えられる原因は?

唇に"できもの"が出来たときの原因とは?唇トラブルの正しい対処法

唇のできものの中でも、その色が白いということはありませんか?

もし、白いできものできた場合、考えられるのは不規則な生活習慣によって、体力や免疫力が低下していることです。

よく暴飲暴食や睡眠不足などの不規則な生活を続けていると、肌荒れしてニキビができるという方は多いと思います。

唇は皮膚の一部なので、肌と同じように唇も荒れてしまいます。

それが白いできものとなって出てくるというわけです。

 

唇に出来た"できもの"の正体が口唇ヘルペスの場合もある

唇に"できもの"が出来たときの原因とは?唇トラブルの正しい対処法

また、不規則な生活だけが原因というわけではなく、口唇ヘルペスが原因の可能性もあります。

口唇ヘルペスは、単純ヘルペスウイルスの感染によって起こります。

その特徴は、白っぽい水疱が唇やその周りにできることです。

そのため、単なる不規則な生活が原因なのか、口唇ヘルペスが原因なのかの見極めは大切です。

ただ、いずれにしても1週間程度で治るのが普通ですので、症状がひどくならなければ大丈夫でしょう。

 

唇のできものが白くても注意すべきできものがある!

唇に"できもの"が出来たときの原因とは?唇トラブルの正しい対処法

できものの色が白ければ、単に生活習慣の乱れや口唇ヘルペスが原因だろうと思って安易に考えていると、それは危険なこともあります。

なぜかというと、悪性の腫瘍、つまりガンである可能性もあるからです。

具体的に言うと、パピローマウイルスというウイルスがポリープのような白いできものを唇の端のほうに形成することがあります。

良性のことも多いようですが、悪性の腫瘍の場合があるので注意が必要です。

また、口唇ガンである可能性もあります。

ただ、それは非常にまれだと言われています。

もし、口唇ガンの場合だと白っぽいできものが、左右非対称でいびつな形をしていることが多いようです。

こうした悪性腫瘍の場合、ヘルペスと違って痛みやかゆみがないことが多いので、もし症状がなくてもどんどん大きくなるようなら必ず病院へ行きましょう。

 

唇のできものを治す方法は?

唇に"できもの"が出来たときの原因とは?唇トラブルの正しい対処法

唇にできものができてしまった場合、生活習慣が原因であればそれを改めない限り、また同じ症状を繰り返すでしょう。

特に暴飲暴食は、唇に刺激を与えるので良くありません。できものができている時には、味の濃いものや、刺激の強い食べ物は避けることが大切です。

ヘルペスが原因の場合は、塗り薬が市販されていますので、早く治したい方は薬剤師さんの常駐している薬局かドラッグストアで購入するとよいでしょう。

できものは、放っておいても治りますが、かゆくて掻いてしまうとウイルスがどんどん広がって広範囲に水疱ができてしまう可能性もあります。

唇にできものができると、見た目にも気になってしまいますよね。原因をできるだけ早く突き止めて、早めに対処することで治り方も違うと思います。

また、治りが悪い時には迷わず病院へ行って、原因を調べてもらうことも大切ですね。

 

他にこんな記事も読まれています

-唇のトラブル

Copyright© カサカサ唇を綺麗な唇にするケア方法まとめ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.