唇にぶつぶつが出来た時の原因は?自分でできる正しい唇のケア方法

更新日:

唇にぶつぶつが出来た時の原因は?自分でできる正しい唇のケア方法

唇にぶつぶつしたできものができることってありますよね。唇は、話したり飲食したりと、体の中でも生活する上で常にフル活動している部位と言えます。

ですから、たまにぶつぶつができてもしかたない、ただの荒れだろうと思っている方はいませんか?

できものができる原因を知っておけば正しい対処ができ、治りも確実に早いのです。

では、どんなことが原因でぶつぶつができるのでしょうか?

そこで今回は、唇にぶつぶつが出来てしまう原因と自分で出来る正しいケア方法をご紹介したいと思います。

 

唇に出来るぶつぶつの正体は口唇ヘルペス?

唇にぶつぶつが出来た時の原因は?自分でできる正しい唇のケア方法

単にぶつぶつと言っても、人によって表現のしかたがさまざまですので一概には言えませんが、ほとんどの場合、それは口唇ヘルペスを指していることが多いです。

口唇ヘルペスは、唇に小さな水ぶくれができることによって起こります。

ウイルス感染が原因ですが、そのウイルスは一度感染すると一生人の体内に住み着き、免疫力の低下などとともに再び増殖して水ぶくれとなって現れます。

大人であれば半数以上の方がこのウイルスに感染していると言われています。

そのため、唇にぶつぶつができたときにまず疑わしいのは口唇ヘルペスというわけです。

 

口唇ヘルペス以外にもぶつぶつになる原因がある?

唇にぶつぶつが出来た時の原因は?自分でできる正しい唇のケア方法

しかし、いくらぶつぶつができたからといって必ずしも口唇ヘルペスであるわけではありません。

なぜなら、単に唇の荒れによる炎症であることも考えられるからです。

例えば、刺激の強い食べ物を食べ続けたり、熱湯が唇にかかってしまったり、あるいは唇をなめる癖がある方は、炎症を起こしやすい状態にあると言えます。

唇は、皮膚の中でも表皮がとても薄く、粘膜がほぼむき出しの状態になっているのでデリケートなのです。

そのデリケートな部分に刺激が加われば、当然炎症を起こしやすくなるわけです。

 

唇にぶつぶつができてしまったときの対処法は?

唇にぶつぶつが出来た時の原因は?自分でできる正しい唇のケア方法

もし、ぶつぶつしたできものができてしまったら、まず口唇ヘルペスであれば患部に触れないことが第一です。

このウイルスは接触感染によってどんどん広がってしまいますので、いくらかゆみや痛みがあっても触らずに我慢しましょう。

また、市販で口唇ヘルペスの治療薬が売られていますので、それを購入して塗ることもおすすめします。

今の市販薬は非常に良く作られていて、病院で処方してもらうのとほぼ変わらない効果を期待できます。

ぶつぶつが炎症によるものである場合は、まず生活習慣を改め、そして保湿を心がけることです。

唇は乾燥するとすぐにひび割れを起こしたり皮が剥けたりするので、常にリップクリームなどで保湿することで炎症を悪化させずに済むでしょう。

 

ぶつぶつ対策に!唇のケアをしっかりしよう!

唇にぶつぶつが出来た時の原因は?自分でできる正しい唇のケア方法

口唇ヘルペスやその他の炎症は、日頃の生活習慣の乱れが大きく関わってきますが、ケアすることもそれと同じくらい大きく関係しています。

ですから、日頃から乾燥を防ぎ、強い唇にする心がけも必要なのです。

冬にリップクリームを塗るのはみなさんがやっていることですが、夏でもエアコンのそばにいると乾燥することがありますので、しっかりと対策をしましょう。

暴飲暴食や睡眠不足などの自分の生活習慣を見直し、かつ唇のケアを万全にしてあなたもぶつぶつ知らずのツヤツヤ唇を目指してみてください!

 

他にこんな記事も読まれています

-唇のトラブル

Copyright© カサカサ唇を綺麗な唇にするケア方法まとめ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.