唇にヘルペスができる原因は何がある?自宅でできる対処法を解説

更新日:

唇にヘルペスができる原因は何がある?自宅でできる対処法を解説

唇の周りに何か違和感があるなと思って鏡を見てみたら、小さな水疱ができていたことはありませんか?これはまさしくヘルペスです。

でも、病名は知っていても実際どんな病気でどんな症状が出るのか知らない方も多いはず。そこで今回は、唇にヘルペスができる原因と自宅でできる対処法をご紹介したいと思います。

 

そもそも唇のヘルペスってどんな病気?

唇にヘルペスができる原因は何がある?自宅でできる対処法を解説

そもそも唇にできるヘルペス、つまり口唇ヘルペスは単純ヘルペスウイルスの感染によって起こります。

この感染症の最大の特徴は、一度ウイルスに感染すると、一生人の体の中に潜伏し続けるということです。

症状はご存知の方も多いように、唇の周囲に小さな水ぶくれが集まったようなものができます。

人によっては最初に唇に違和感を覚えるので、何回もできている人はその前兆だけでわかる場合もあるようです。

水ぶくれができると、痛みやかゆみを伴うことが多く、唇にできるので飲食するのが大変になります。

水ぶくれを無理につぶしたりすると、はじけた水ぶくれからまたウイルスが出てきて、さらに感染を広めてしまいます。

 

唇にヘルペスができる原因はウイルスにあり!

唇にヘルペスができる原因は何がある?自宅でできる対処法を解説

原因としては、何よりもまず単純ヘルペスウイルスに感染していなければできることはありません。

また、一度感染して治った場合、再び症状が出る原因には体の免疫力が大きく関わっています。

風邪などで体の免疫力が低下すると、潜伏していたウイルスが再び増殖を始めて唇に水ぶくれとなって現われます。

その水ぶくれが華のように見えることから、別名「風邪の華」と呼ばれています。

免疫力が低下していなければ、ウイルスを持っていても症状が出ることはほとんどありません。

免疫力が低下する原因としては、風邪の他にもストレスや生活習慣の乱れが考えられます。

 

唇にヘルペスができたときの対処法は?

唇にヘルペスができる原因は何がある?自宅でできる対処法を解説

ほとんどの方は小さい頃に感染しているので、症状が出るのは2回目以上である場合が多いでしょう。

2回目以降の症状は、初めて感染した時よりも症状が軽いと言われていますので、病院へ行かなくても治すことは可能です。

まず、対処法として市販の口唇ヘルペスの薬を塗ることです。

薬剤師のいる薬局やドラッグストアでは第1類医薬品といって、ほぼ医療用の医薬品と同成分の薬が売られています。

第1類医薬品のヘルペス治療薬を使えば、1週間〜10日程度で症状を改善できることが多いです。また、薬を塗るとき以外は、唇に触らないことも早く治すコツです。

気になってつい触りたくなると思いますが、極力触らずに何か食べる時も、食べ物がなるべく触れないように心がけましょう。

 

日頃の生活習慣を見直してヘルペス知らずに!

唇にヘルペスができる原因は何がある?自宅でできる対処法を解説

先ほども言ったとおり、免疫力が低下しなければヘルペスの症状が出ることはあまりありません。

そのため、日頃の生活習慣を見直し、偏食や睡眠不足にならないようにすることが症状を出さないための第一歩です。

風邪なども、生活習慣の乱れで免疫力が低下することが原因で、起こる場合がほとんどです。

また、ストレスがある方はこまめに発散するようにして、ためこまないようにできるといいですね。

疲労もストレスの原因になりますので、休日はゆっくりくつろいだり、家で趣味に没頭したりとしっかり気分転換して体を休めましょう。

生活習慣さえ見直せば、あなたもヘルペス知らずになれると思います。

 

他にこんな記事も読まれています

-唇のトラブル

Copyright© カサカサ唇を綺麗な唇にするケア方法まとめ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.